病気と保険の用語集

特発性血小板減少性紫斑病とは?

読み:とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう

特発性血小板減少性紫斑病とは、血小板の数が減少することで、様々な出血症状をひき起こす病気です。

歯ぐきからの鼻血、華字、血便、血尿などがみられ、重症な場合には脳出血もおこります。

2010年10月31日現在

当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期すよう努めておりますが、当社は利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

当サイトに掲載されている文章等は著作権法により保護されています。権利者の許可無く第三者に譲渡、販売、コピー等することは禁じられています。また、当サイトの情報を利用して損害等が発生した場合、直接的・間接的あるいは損害の程度によらず、保険マンモス株式会社は一切の責任を負いません。